在宅復帰への取り組み

老健の大切な役割は在宅復帰です。サンライズひえづではその役割を全うするため、在宅復帰への取り組みを充実させています。

施設内での取り組み

医師、看護師、介護スタッフ、リハビリスタッフ、栄養士、医師、支援相談員、ケアマネジャー等、多職種が連携し、どうすれば、利用者の方が御自宅にもどっていけるか考え、お一人お一人の状況に応じたサポートをしています。在宅復帰のためには、ご家族の協力も不可欠なので、綿密な連絡を取り合い、ご家族の方の不安や悩みにも対応します。

在宅復帰後の大変さ、支えます

在宅での暮らしは誰もが望むことですが、大変なこともたくさんあります。とくに、介護をされるご家族の方におかれましては、生活スタイルがガラリと変わることにもなり、難しい面も出てきます。けれど頑張り過ぎは禁物です。介護者の方が頑張りすぎて体や心を壊してしまったら、心ゆたかな暮らしは実現できません。在宅復帰をされた後は、当施設の通所サービスを利用されたり、ショートステイを活用しながら、ご家族のペースに合わせた無理のない在宅療養を送れるようにサポートします。 

  • 入所経験のあるところだから安心してショートステイを活用ください。
  • リハビリに力を入れているので、ショートステイをしながら機能チェックも!