新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。昨年中は大変お世話になりました。
さて、地域の皆さまにおかれましては、お健やかな新年をお迎えになられたこととお慶び申し上げます。
本年も私たちスタッフ一同は、皆さまのそのお健やかさを、より元気に、より明るく、するために、さまざまなお手伝いをしてまいりたい所存ですので何卒昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。
本年も皆さまにとって、心豊かな佳き年になりますよう、お祈りいたします。

来海 秀和

2018年1月1日

新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。
皆様におかれましては、心安らかに新春を迎えられたことと存じます。

さて、今年は大きな節目を迎えることになりました。それは団塊の世代が全て後期高齢者となる2025年まであと10年ということです。かつて経験したことのない超高齢化社会の到来に対し、我が国の社会保障制度が耐えうるのかどうか、まさに正念場を迎えております。しかし、医療や看・介護を取り巻く環境や制度がどれほど厳しい局面に立たされたとしても、私たちの使命は変わることはありません。私たちはこの地域に暮らしておられます「0(ゼロ)歳から100歳まで」の方のお健やかな毎日を支援するために今日を生き、皆様の笑顔を見せて頂くことで、明日への力を得ております。

今年も医療、看・介護の更なる充実と、「まくれん道場元気塾」をスローガンにリハビリテーションに尚一層努め、お家でずっと元気に暮らしていけるようお手伝いたしたく存じます。

年頭にあたり、皆様のご健康を祈念いたしますとともに、今年も何卒宜しくお願い致します。

2015年1月1日

介護老人保健施設サンライズ(入所)ひえづの年間スケジュール案です。

今回は、介護老人保健施設サンライズ(入所)ひえづの年間予定表をご紹介します。

内容 場所
4月 お花見 南部町法勝寺、湊山公園
5月 グループ外出 花回廊など
6月 ちまき
7月 七夕
8月 スイカ割り
9月 合同祭り  敬老会
10月 グループ外出 花回廊など
11月 紅葉狩りドライブ、鍋会 大山方面
12月 クリスマス会、忘年会
1月 白玉ぜんざいつくり
2月 節分 恵方巻き作り
3月 ひな祭り

サンライズひえづ
西伯郡日吉津村今吉202-1 (0859)-37-0765

29床の介護老人保健施設に通所リハビリテーションを併設しています。全てのお部屋が個室であり、約10名ごとのユニット単位でのサービスとなるため、家庭的な環境の中で、ご自身の生活スタイルを大切にしながら、在宅復帰を目指したリハビリテーションが受けられます。通所では、ご自宅での生活が1日でも長く続けられるようお一人おひとりの状態に応じたリハビリテーションを提供していきます。

 

ケアハウスかずきのスケジュール案です

せっかく長生きできても、「楽しく!」なければ喜びも半減です。

ですから、キマチリハビリテーション医院および(社福)和貴では、患者さん・利用者さん・ご家族さん(そしてできればスタッフも)が笑顔になれるように日々いろいろな取り組みを行っています。

今回は、ケアハウスかずきの年間スケジュール案をご紹介します!

内容 場所
4月 お花見 名和公園
喫茶店 かずき食堂
5月 藤の花見学 住雲寺
母の日プレゼント 食堂
6月 ちまき作り 食堂
父の日プレゼント 食堂
7月 七夕祭り デイルーム
喫茶店 食堂
8月 そうめん流し かずき東側駐車場
9月 敬老会 デイルーム
10月 サンライズ名和文化祭見学 サンライズ名和
11月 喫茶店 食堂
大山紅葉狩り 大山みるくの里
消防訓練 かずき館内
12月 開設記念日 食堂
健康診断 家族介護者教室
クリスマス会 デイルーム
1月 新春お茶会 食堂
2月 節分 デイルーム
救急講習 デイルーム
3月 ひな祭り運動会 デイルーム
喫茶店 食堂
消防訓練 かずき館内

このほか毎月、誕生会や懇話会もおこなっています。

ケアハウスかずき
西伯郡大山町押平747-1 (0859)-54-6180

30人定員のケアハウス(軽費老人ホーム)です。所得に応じて家賃等が設定されている住宅で、介護施設ではありませんが、同建物内にデイサービス、ヘルパーステーション、小規模多機能ホームを併設しているため、介護が必要になっても、暮らし続けることも可能です。また、通院できない状態になっても、キマチリハビリテーション医院より往診や訪問診療が提供可能なため、安心して暮らし続けることができます!


まくれん道場元気塾って?

キマチリハビリテーション医院では、『まくれん道場元気塾』という看板を掲げています。元気いっぱいのだるまさんの看板といったほうがわかりやすでしょうか。この看板をご覧になって、どこに道場があるの?元気塾ってなに?と聞かれることが時々ありますのでご説明します。

まくれん道場ってなに? 元気塾ってどこ?

実は、まくれん道場元気塾という場所はありません。この言葉は私たちがリハビリテーションにかける気持ちをあらわわした言葉です。

どうしてリハビリテーションへの想いをわざわざ言葉にしたの?

私たちは、クリニック、通所リハビリ、老健など、さまざまな場所でリハビリテーションを提供しています。クリニックでは医療のリハビリを、老健等では介護のリハビリを提供しています。
しかし、どの場所でもどんな人にでも私たちが提供するリハビリの本質は同じです。そのことをお伝えするために、また、スタッフの一人ひとりがそのことをいつでも胸に刻み皆様に接するように「まくれん道場元気塾」という言葉を掲げました。

私たちが考えるリハビリテーション
病気やケガで障がいを抱えてしまったり、認知症になって今までの生活が困難になってしまったりしても、落ち込んだりふさぎこんだりするのではなく、出来ることを見つけて、前向きに生きて行こう。それを実現するためにリハビリテーションがあるのだ。

つまり、「まくれん道場元気塾」は特定の場所ではなく、私たちがリハビリを提供するところはすべて「まくれん道場元気塾」です。

なんで「だるま」?なんで「まくれん」?

60歳代になると、転倒すると大腿骨頸部骨折や圧迫骨折の危険性が高まります。ですから、できるだけ転ばないように生活することが大切です。そこで私たちが採用したのが「転ばない」という意味の言葉「まくれん」です。しかし、たとえ転んでしまってもそこで人生の楽しさが終わってしまうわけではありません。転んだらもう一度立ち上がれば良いじゃないか!人生なんて七転び八起きなんだから、とイメージキャラクターにダルマさんを採用しました。

まくれん道場のイメージキャラクター

まくれん道場のイメージキャラクター

在宅復帰への取り組み

老健の大切な役割は在宅復帰です。サンライズひえづではその役割を全うするため、在宅復帰への取り組みを充実させています。

施設内での取り組み

医師、看護師、介護スタッフ、リハビリスタッフ、栄養士、医師、支援相談員、ケアマネジャー等、多職種が連携し、どうすれば、利用者の方が御自宅にもどっていけるか考え、お一人お一人の状況に応じたサポートをしています。在宅復帰のためには、ご家族の協力も不可欠なので、綿密な連絡を取り合い、ご家族の方の不安や悩みにも対応します。

在宅復帰後の大変さ、支えます

在宅での暮らしは誰もが望むことですが、大変なこともたくさんあります。とくに、介護をされるご家族の方におかれましては、生活スタイルがガラリと変わることにもなり、難しい面も出てきます。けれど頑張り過ぎは禁物です。介護者の方が頑張りすぎて体や心を壊してしまったら、心ゆたかな暮らしは実現できません。在宅復帰をされた後は、当施設の通所サービスを利用されたり、ショートステイを活用しながら、ご家族のペースに合わせた無理のない在宅療養を送れるようにサポートします。 

  • 入所経験のあるところだから安心してショートステイを活用ください。
  • リハビリに力を入れているので、ショートステイをしながら機能チェックも!

サンライズ名和では一時的な入所もできます。

サンライズ名和は介護老人保険施設です。ここでは、介護を必要とする高齢者の自立を支援し、家庭への復帰を目指すために、医師による医学的管理の下、看護・介護といったケアはもとより、作業療法士や理学療法士等によるリハビリテーション、また、栄養管理・食事・入浴などの日常サービスまで併せて提供しています。 

サンライズ名和では、一時的な入所サービスもできます。

介護にちょと疲れたな、旅行や出張など家を留守にしなければならない時に利用できます。介助者がストレスをためてしまったら、辛い介護は続きません。このようなサービスをうまく利用し、介護負を軽くしましょう。
 

リハビリ目的の短期入所も!

サンライズ名和は、リハビリに力を入れています。そのため、「最近、どうも、体の機能が衰えてきた・・」などリハビリのやり方に不安がある時などにも活用いただけます。定期健診を受ける感覚で、定期的なリハビリ入所をしませんか?
  • 入所定員 60名(ショートステイ含む) 
  • 通所定員 10名/1日
  •  診察室・リハビリ室・一般浴室・特殊浴室・食堂・レクリエーションルーム・デイルーム
day room

リハビリの様子

チューリップホームのショートステイ

チューリップホームでは、入居型の他に短期利用型共同生活介護(ショートステイ)も行っております。

 ご利用条件はグループホームと変わりませんが、短期利用は、入所本体事業の状況により受入れ可能枠が日々異なりますので、詳しくは当ホームまでお問い合わせくださいませ。

チューリップホーム ショートステイが利用できる方

  • 認知症の診断を受けられている。
  • 要介護度認定を受けられている。
  • 共同生活を送る事に支障ない方。
  • ご本人の住所が、日吉津村、伯耆町、南部町のいずれかである。

お気軽にお問い合わせください。


チューリップホーム

西伯郡日吉津村今吉204-1 (0859)-37-1850


 

チューリップホームは認知症の方のための住まいです

チューリップホームは認知症の方の住まいです。グループホームとも言われます。

グループホームは、少人数で家庭的な雰囲気が特徴の施設です。馴染みのスタッフと一緒に安心して暮らすことで、認知症状の進行を穏やにする効果も期待できますし、ご家庭における介護負担の軽減にも貢献できています。

主なサービス&特徴

  • 食事.入浴.排泄等身体介護
  • キマチ医院との医療連携(24時間対応可能な体制)
  • 認知症.伴う症状への対応
  • 自立へ向けた側面的支援
  • 掃除洗濯等間接支援 など

概要 

  • 平成16年 4月21日
  • 入所定員  18名(9名×居住棟2)
  •  すべて個室

入所要件 

  • 認知症の診断を受けられている。
  • 要介護度認定を受けられている。
  • 共同生活を送る事に支障ない方。
  • ご本人の住所が、日吉津村、伯耆町、南部町のいずれかである。
チューリップホームのお部屋